音楽家とお金13 自主公演編②広報活動

PR

何のためのコンサートなのか を決めて、公演の内容も決定しました。

次に行うことは告知活動ですね。

チラシを作る

私は現在 年に20回ぐらい自主企画の演奏会やイベントを開催しています。

告知は専らSNSやメッセンジャー等、そしてチラシ配布です。


チラシはあまり集客効果はなく良くて0.1%だとか言われますが、来て欲しいターゲット層に合わせた場所に配架依頼する、同業者のイベントで配布してもらうなど、工夫次第でもう少しレスポンスを増やすことも出来て、なかなか馬鹿にしたものでもありません。

プロのデザイナーに依頼して素敵なチラシを作る資金力があれば、ぜひ制作していただくと良いと思いますが、私は経費節減のために自作しています。

パソコンは習ったことなどなく素人で、OSはWindows、ソフトはPublisherというOffice系のものを使っています。

Publisherの良いところはPNGファイルとして簡単に画像化できるところなのですが、編集の機能としては、ほぼWordと同じです。

IllustratorやPhotoshopといったプロ用のソフトが無くてもそれなりのものは作れます。

過去公演のチラシをいくつかご紹介しましょうか。

デザインに拘ればきりがありませんが自力でこれぐらいできたら上等じゃないですか?

デザインについては図書館で本を借りて色々と独学で勉強してます。

PublisherはOfficeの中でもビジネスプランのような特殊なパックでないとなかなか入ってませんが、PublisherがなくてもWordで作った原稿をPDFにエクスポートし無料変換ソフトでjpegに変換することができます。PowerPointなら更にPublisherに近い感じで、ダイレクトにjpeg書き出しもできますね。

ちなみに、お分かりだと思いますが何故jpegやPNGが必要かというとSNSに画像として告知拡散するためですよ(^▽^)

よく、チラシの写真をスマホで撮影したものをそのままSNSに流している方がおられるのですが、正直きれいに見えませんし、スマートさに欠けると言わざるを得ません。

美しい素材で広告活動を行いましょう!(/・ω・)/

どこに配布するか

地域によりいろいろと人の出入りが多いところがあると思いますが、なるべく多くの人の目に触れるところに置いてもらいたいですよね。

でも有料イベントの場合は営利目的とみなされたり、無料であっても個人が主催のものなどは公共施設等にはなかなか置いてもらえないのです。

そんなときにはちょっと面倒ですが、ある手続きを取ればスムーズに依頼を受理してもらえます!その手続きとは?

次回に続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP